• ホーム
  • ヘルペス再発防止はバルトレックスのジェネリックでしよう!

ヘルペス再発防止はバルトレックスのジェネリックでしよう!

2019年10月29日
危険なウィルス

バルトレックスは再発抑制療法としても使用されることのある薬です。再発抑制療法とはヘルペスの症状を年に6回以上繰り返す人、精神的や心理的にかなりの負担がかかっている人に行われることが多く、抗ウイルス薬の内服によって抑制する療法のことをさします。現在日本では保険の適用外となっているのですが、症状の再発を70%ほど低下させることができ、さらに無症候性のウイルスの排泄も60%減少させることができます。デメリットとしては内服をする期間は半年から1年と大変長いので、その分バルトレックスの薬の費用が掛かってしまい経済的な負担が増すことがあげられます。

バルトレックスは抗ウイルス薬であるので、ヘルペスの症状の軽減や再発予防になるのですが、症状が出てから服用するのではなく前兆段階から使用するのが良い方法です。かなりの数が必要となるので、通販でジェネリック医薬品をまとめ買いしておくと良いでしょう。バルトレックスのジェネリック医薬品は数多く出ており、処方されるものもあるので選ぶことができますが、通販の場合はまとめ買いができるものの処方薬はある程度の数が決まっているのでなくなり次第受診をしなくてはなりません。時間がない場合などには通販を利用して治療をするとよいでしょう。通販は主に個人輸入代行サービスを行っており、いつものネットショッピングと同じ手順で決済をすることもできますし、個人輸入に関する煩わしい手続きも代行して行ってくれるので自分のあいている時間に注文することができます。なお、個人輸入の場合は処方箋は必要ありません。

バルトレックスはヘルペスの治療の第一選択薬でもあり、大変効果のある薬です。先発薬は薬の価格が高くなるので、同じ成分と同じ効果があるジェネリックを積極的に使用した方がコスト削減にはなります。個人輸入で手に入れる場合はバルクロビルと呼ばれるものがあり、バルクロビルもバルトレックスのジェネリックであるので効果は同じです。特に性器ヘルペスなど何度も繰り返してしまうヘルペスや、再発抑制療法を試みる場合は、バルクロビルに切り替えた方が良いでしょう。

ヘルペスは感染してしまうと体内にそのウイルスは残ってしまい、再発する機会を狙っている状態です。再発防止をしないと再び症状が現れてきて、ほかの人にも感染させてしまうことが多いです。自分のためにもパートナーのためにも、再発防止を心がけるためにジェネリック医薬品で効率よく治療をしていくようにします。